洋服のお直し屋さんでのアルバイト

 

私が洋服のお直し屋さんでアルバイトをしていた時の話です。

 

お直しと言っても、実際はデニム等のズボンの丈つめの仕事が多かったのですが、
私自身が背が高い方だったので、ズボンの丈つめをしたことはほとんどありませんでした。

 

そのため、失礼ながら、丈を詰める人の気持ちがわからなくて…。

 

当時外国のデニムで、裾のステッチ部分が糸を何本も使ったようなデザインになっていて、
普通にミシンで縫うだけでは明らかにデザインが変わってしまうものがありました。

 

なんせ外国のデニムなので股下が長い長い。90センチくらいあったのではないでしょうか。
それではほとんどの日本人は丈を詰めて当たり前なのです。

 

現状の様に直すやり方もあったのですが、時間もかかる上に5000円はかかりました。
しかし、そのデニム自体が3万〜4万する品物なので、良心的なお客様は何も言わず5000円コースを選ぶのです。

 

中にはどうしようもないお客様もいらして…。

 

やれ高いだの、やれ時間がかかるだの文句ばっかり。
普通にミシンで縫うだけでしたら時間もかからないですし、お安いですよと言っても納得しない。

 

「自分の脚が短いのが悪いんでしょ!!だったらそんな股下の長いデニムなんて買うんじゃない!!」
と何度言いかけたかわかりません。

 

いくら高いデニムを買えても、こういう所でケチるような人には、そのデニムを着る価値はないんですけどね。

 

全体的に高い服を持ってくるお客様の方がお直し代金をケチる傾向にありましたね…。